MB-R500、ツインヘッダー

23-04-2018
Image

MBクラッシャーはINTERMAT見本市で、ミニショベル用ツインヘッダーを発表いたします。

MBクラッシャーはINTERMAT見本市で、ミニショベル用ツインヘッダーを発表いたします。

ミニショベルとミニスキッドステアローダーが、タフなドラムカッターに変身する、MBクラッシャー社の新製品MB-R500。世界で初めて、パリのINTERMAT見本市で発表いたします。

使いやすく、特に精密作業に適し、さまざまな作業現場での作業を簡単に行うことができます。

Image

新製品MB-R500ツインヘッダーは、断片化した岩のような特に頑強で強靭な物質に適しています。また、アスファルトのような柔らかい材質でも作業が可能で、極めて正確な掘削を実行できます。


配管工事に必要なトレンチを掘り起こし、河川や川の堤防をすばやく正確に復元します。新製品MB-R500は、特に土壌が頑強な土地での建物の支柱を配置するための掘削作業を簡素化します。

振動や騒音を抑えながら作業しなければならない市街地などでの作業も難なくこなすことができます。サマージェンスでの使用や道路工事には欠かせません。MB-R500ツインヘッダーは、必要最小限の寸法の掘削を実行し、再利用可能な材料の回収を可能にするためです。このようにして、掘削の際生じるアスファルトクラストを処分する必要がなくなったのです。

付属品

新製品MB-R500は、MBクラッシャーシリーズの最も小型のドラムカッターです。重量はわずか300kgで、3〜8トンのスキッドステアローダーと3〜12トンのミニ・ミドル・ショベルに搭載可能です。

その強力なツインヘッダーの直径は500mmで、非常に正確な掘削作業を行うことができます。ドラムは1時間以内で現場にいながら交換することができ、ドラムカッターを専門整備場に持ち込む必要はありません。他のMB-Rツインヘッダーモデルと同様に、ドラムキットも付属されています。フルセットまたはローセットがあり、掘削する材質にあわせピックの数を変えることができます。

最も装備されたMBクラッシャーで、オールマイティ。

Image

本体回転ツインヘッダーキット は、溝開削作業を停止することなく、運転席から直接ツインヘッダーを回転させることができます。

ピック深度調整キットは、へりの開削とレベリングを行うことができ、アスファルトを流す前の道路や広場の作業が楽に行えます。

ネブライザキットドラムカバーキット は、粉塵の排出を減らしトンネル内などの岩肌の掘削など閉鎖された作業場での作業も楽に行えます

MB-R500には、機械の寿命を延ばす温度低下キットがあります。作業性能を損なうことなく、作業機械の油温を下げることができます。

関連製品