解体と建築からなる廃棄物の新時代。

28-08-2018

私たちは建築や解体から排出される廃棄物(CDW)の処分に関して常に効率的な解決策を模索しています。

もしこれらの解決策を簡単に見出せると楽観視しているとしたら?

CDWは無駄な廃棄物では無く視点を変えてみれば無限の資源と捉えられるべきでありむしろそれは十分に活用されなければなりません。

それを見出す為には別の観点から見直さなければなりません。 

周りを見渡せばそれは誰にとっても容易に分かる事なのです。

常日頃、私達は育んできた経験を活かし他人を支援する様に努力し続けます。同じ事が建設廃棄物のリサイクルにも当てはまります。

私生活において共有する環境はより単純で明確なリサイクルプロセスの恩恵を受けています。従ってゴミの処分場は解決策ではありません。一方、CDWのリサイクルは簡単です。先ず材料が分離されるにつれ容量が減少していきます。それから金属が分離され更に細かい部分を仕分けるのです。

事実、破砕による容量減少には色々な理由が考えられます。

それは簡単で安価な解決策を見つけられた人のみが分かりあえるのです。   

1ケース目

コンクリート柱の鉄筋は19世紀の革新的な発明品でした。しかしながら鉄筋はコンクリート柱に強度を与えた反面、処分の際にはものすごく手間が掛かったのです。

フランス ピレネー山脈ではNew Holland製の重機にBF80.3を取り付ける事によりそれまで困難とされていた鉄筋の処理を解決する事を証明しまた。(添付のリンクに映像を添付)   

MB製のバケットクラッシャーは油圧システムを使用する事によりいかなる重機にも取り付けが可能になり廃棄物として処分する事が困難であった材料を容易に処理する事が可能となったのです。

MB製のバケットクラッシャーはコンクリート材から鉄分を分離する事が可能になり経済的にも貢献しています。

更にMB製のグラップルを使用する事でバケットへ廃材を効率的に積み込みが可能となり作業がよりスムーズに進みます。

 

2ケース目

2ケース目

ブラジル - 倉庫には使用不可となった電信柱が山となって蓄積されていました。処分に多大な問題を抱えていましたがこれを解決したのはCX130に取り付けられたBF60.1 でした。更になんと処理された鉄は売却に成功し廃棄物から収入を得る事が出来たのです。

古くから存在していたクラッシャーはこの作業が出来ませんでした、なぜなら鉄材はベルトコンベヤーを損傷させてしまっていたからです。

一方でMB製のバケットクラッシャーを使う人はコンスタントな作業が可能なばかりか、経費が予算内に収まり効率的に作業が進みました。

もう一つ別のやり方は粉砕機に均一的に材料を取り込む事、即ちMB製のバケットクラッシャーとスクリーニングバケットを併用する事によりより一層作業がスムーズになったのです。

3ケース目

パリ (フランス)、 団結は強み。 生産コスト、時間を掛けずに多種多用な作業が可能。ボルボE700に取り付けたバケットクラッシャーBF135.8 のケースを見てみましょう。砕石場に蓄積されたシリコンを破砕。通常、大型プラントで容量を縮小させる作業は色々な機械を投入せざるを得なく膨大なスペースを要します。

重機にバケットクラッシャーを取り付ければそれだけで作業は賄えます。今日では現場の作業は大きく変化してきており安全を維持のは以前と比べてかなり難しくなってきました。フランスのケースではバケットクラッシャーBF135.8 を使用した事により解決されました。

仕分けした後、シリコンを処理する為に小さくしなければなりません。MB製のバケットクラッシャーは単に材料を採集し破砕レベルを0/120 に調整し投入するだけです。こうしてオペレーターは重機を動かしながら一環した作業の管理を行えるのです。

4ケース目

採石場が拡大するとなるとそれ相当の機械が必要になってきます。

例えばメキシコの大型石灰石採石場で活躍したのがキャタピラー3360 に搭載されたMB-S18 でした。

単一の機械のみで作業効率が上がるだけでなくコストが最小限に抑えられます。

今日、採石場では物流部門で大きな問題を抱えています。

大きな設備を設置しようとすると大変な手間がかかりますがMB製品はこれらの問題を一気に解決します。

 

 

 

 

人類は生産性を高めようと色々な事を模索してきました。
これらの課題は個々に解決策が異なる為、非常に多くの時間を費やします。
多くは未だ自分に見合った解決策を見出せません。
しかし実はそれはとても簡単で世界の建設現場で活躍するMB製品に目を向けるだけで理解出来ます。

関連製品