降雨期にも関わらず作業を拡大しました。例え雨が降っていても。

Image

皆さんが御承知の様に雨が降っている建設現場での作業は最悪です。

安全面を考慮すると作業を中断しても致しかたありません。

問題はその様な状況で作業を再開する時です、なぜなら土砂に水分が浸透してしまっているからです。

アメリカのとある会社は地域の緑化、整備を賄っています。
この会社は2つの問題を抱えています。一つ目は容易且つ敏速に伐採された木屑を種類別に選別する事です。二つ目は雨水が浸透している鉱山で作業する事です。不可能ではありませんが簡単ではありません。

しかしMB-S18 スクリーニングバケットがこれらの問題を解決してくれました。

スクリーニングバケットは伐採された木屑を必要に応じてバケットのネット幅を調整しながら選別することに成功。この問題はMB-S18 スクリーニングバケット内に岩石を取り込むだけで解決したのです。岩盤の存在が湿った粘土をスクリーニングバケットのネットを通じて砕く事が可能となったのです。この会社は油圧ショベルに直接、バケットを装備するという正しく理想的な解決方法を見つけたのです。お客様はこの状況に非常に満足頂き一年後にはもう一台スクリーニングバケットを追加購入頂き更に事業を拡げて頂いております。

“お客様の御要望にお応えするのが我々の使命です - MB Crusher アメリカ支店社長の言葉引用 - このアメリカの会社は我々の製品を利用する事により作業が簡素化されたのです。“

適応分野